2013年2月17日日曜日

【講演】MITメディアラボ所長伊藤穣一さん&勝間さん講義をエンジン01@浜松で聴いてきました。

朝の9:30から講義開始です。
 
★最先端のお二人が語る「未来」
 
 
芸大キャンパスは自由な雰囲気でした。
 
 
2月9日(土)に浜松の静岡文化芸大で行われたエンジン01オープンカレッジにて、MITメディアラボ研究所所長の伊藤穣一さんと、経済評論家勝間和代さんの講義を聴いてきました。
 
テーマは『未来をつくるもの』。
 
伊藤穣一さんは、NHKのスーパープレゼンテーションの解説でもおなじみの方です。
世界最先端の研究所で、異質な分野の人同士のコラボをコーディネートし、予想も出来ない新しいものを生み出すリーダーです。
 
 
(※雑誌「クーリエ・ジャポン」編集部ブログでの伊藤さんへのインタビューもすごく面白いのでオススメです。)
 
 
私は、伊藤さんの特異な経歴やクリエイティブに未来を切り開く「才能」に強烈な憧れを抱いています。今後の活動にも興味が尽きません。
 
 
た、私が社会人になってから「学び続ける」ことを大切にしてきたのは、まさに勝間さんの著書の影響を大いに受けたからで、特にITの有効活用や、翻訳書を含めた洋書を読むようになって視野が開けてきたのは勝間さんのおかげとしかいいようがありません。
 
 
そんなお二人の講義が聴けるとあって、浜松まで行ってきました。
 
 
 
そして、この講義の参加費は、なんとワンコイン(500円)。
 
 
最前列をゲット。伊藤さんの横顔に少年っぽさを感じました。
 
どんな内容だったかというと、
 
 
伊藤さんが自宅の洗面所で製造された(おそらく世界初)商用インターネットサービスプロバイダーの写真からイノベーションコストの話、中央vs現場の話、メディアラボでのバイオ分野の研究の話、インターネット時代の9つの原則など盛りだくさん。
 
 
そして、すべてのお話に完璧なロジックを感じました。発想は自由なのに、行動が時代にぴたりとはまる理由がちゃんとあるんです。
 
 
講演は、あまりにも伊藤さんが天才すぎるので勝間さんが伊藤さんの話に解説を加える、というスタイルをとることにしたそうですが、解説は勝間さんが最適任だと思いました。
 
伊藤さんのお話に出てきた例え話はアメリカの知的市民にとっては一般的な内容だったようですが、日本の一般市民になじみがない場合には、すかさず勝間さんが「●●さんの●●という本に書いてあるので、読んでみてください」と参考文献を教えてくれたり、
 
 
「このあたりは、●●というキーワードでググってみると関連がわかります」など、会場の人が復習しやすいような配慮をしてくださいました。
 
 
解説のレベルが高いと、講演の価値もぐっと上がると感じました。(受験の参考書なども、解説の良さってすごく大切ですよね!)
 
 
 
★これから私達はどうしたらいいの?
 
エンジン01では様々な講義が開かれており、開始前から行列が。

 
この講演では、今までの人生で聴いた講演の中で一番メモを沢山取りました。
 
私の講演メモの中から、少しだけ「私たちはどうしたらよりハッピーな未来をつくることができるのか」をご紹介します。
 
  幼少の頃誰もが持っていた創造性を失わないように
 
  努力で評価しない。価値を生むことが大切。
 
  沢山やって沢山失敗する
 
  ものづくりのコストが下がっているので、誰もが作れる。どんどん作ろう。
 
  セレエンディピティを大切に(集中しすぎず、周辺をぼんやりと見てみよう。)
 
  社会のルールに従うのではなく、自分なりのよさを大切に、自分をハッピーにする。
 
  プランabzを持つ(今の仕事・次にやりたい仕事・最悪な状況になっても生きていく手段)
 
未来をつくるために必要なCreativityInnovationを高めるためには、自分を枠に閉じ込めず、上記7つのことを意識していきたいと思いました。
 
 
そして、Creativityを非常に重視されている伊藤さんが最後に紹介された言葉は、シンプルですが、とても刺激的でした。
 
Life-long Kindergarden
 
 
 
生涯、幼稚園の中にいるように楽しく遊びまわりましょう!
 
 
 
「毎日仕事に行く」なんて気持ち、持たなくていいんだと思います。
 
 
平日も「今から遊びに行ってくる」という自由な気持ちでいたいものです。
 
 
 

0 件のコメント: