2013年7月22日月曜日

【講演】元NHKアナウンサー堀潤さんのお話を聴いてきました。


 

 


愛知サマーセミナーで、元NHKアナウンサーの堀潤さんの講演を聴いて来ました。

 
堀潤さんは、人気も実力も抜群だった中、今年4月に退職され、ジャーナリストとしての活動を開始されました。震災報道において、既存メディアに重大な課題を見出したことが退職の決断を強めたようでした。
 
 
NHKを飛び出してまで、伝えたかった真実」というタイトルのもと、留学時代の経験や独自取材の写真を交えながら、ジャーナリズムの本質を自分の言葉で丁寧に語られました。

 
堀さんは、清潔感、透明感があふれ、海のような深い青のシャツがとてもよく似合っていました。

 
NHKきってのイケメンアナウンサー」とか「エースアナの退職」などというセンセーショナルな表現をするマスコミが薄っぺらく感じられるほど、一本筋が通った考えのもとに行動する方だと感じました。

 

これまでのアナウンサーの仕事は、原稿の内容を十分理解しながら読むだけでも大変だったと思います。しかし、それ以上にものすごい量の背景知識があることも感じられました。勉強量が生半可じゃないと思いました

 

講演で学んだことをまとめます。

 

・これからは、オープンジャーナリズムの時代

→まずは、より多くの情報(玉石混合でも)をオープンに出してから、多くの人の手で検証(裏を取る)ことで、より早く真実に到達出来る。

 

確かに、メディア人だけでは情報の検証に限界があり、現場の人、専門家など多くの人の目に触れてもらうことで、情報の確実性を担保できると思いました。

 

・ジャーナリズムとは、困っている人、弱い人の問題解決をするためのもの

 

堀さんのこの考え方には感動しました。情報を出して終わり、ではないんですね。その情報をもとに、社会の一人ひとりが、自分はどうしたらよいかを考え、実行に移さないと意味がないと。そのためには、困っている人の声をちゃんと拾っていかなくてはならないのですね。

 

・情報を見たら、「事実」「意見」をしっかり区別する。事実を探すのは地道な作業だ。

 

誰かの意図的な考えや意見に流されず、事実は何かを自分の力で探す努力を怠ってはいけないのだと思います。でないと、私達は誰かに一方的に支配され、民主主義からは離れてしまいます。

 

・自分から、事実を発信してみる

 

民主主義を実現したり、問題解決をするには、自分がつかんだ「事実」を正確に周りに伝える努力が必要なのだと感じました。

「意見でなく、事実をぶつけてみる」という発想にもはっとさせられました。例えば上司に意見すると受け入れてもらえませんが、「こんな事実があります」と言えば、さすがに危機感を抱きやすくなると思います。

 

私なりに、「事実」をしっかりつかむ目と頭をしっかり持っていきたいと思いました。

 

とても感銘を受けたので、これからも堀さん出演のニコニコ放送やメディアでの情報発信を楽しみにしたいと思います。

 

※堀さん主宰のニュースサイト「8bitnews」
(オープンジャーナリズムの壁を乗り越えながら、着実に時代を刷新されることに期待したいと思います。)

 

※堀潤さんのツイッター

 

 

0 件のコメント: