2013年11月3日日曜日

職業訓練校(子ども英語講師養成)に通った感想

11月1日より、フルタイムで働き始めました。


この3ケ月間は、職業訓練校に通っていました。


最初は、公共職業訓練って、時代遅れの古い知識をお年寄りの先生が教科書で教えているだけなんじゃないかというイメージがありました。

それが全く違いました。

短期間で徹底的に即戦力となる人材を育成するという信念が徹底的に貫かれていて、教材も情報も先生も最先端かつ一流だったというのが率直な感想です。


私は、英語の先生になりたいという夢がずっとあったため、幼児・小学生向けの英語講師養成講座に通いました。


327時間の授業の中では、日本語をひとことも話さずにすべて英語で模擬授業を行う訓練をしました。
外国人の受講生とも仲良くなり、一日の半分は英語を話す日々が3ケ月間続きました。


大学生の時よりも徹底して(教授法・児童心理・実習・英語力養成等)勉強したし、人前で英語を話し続けたので、かなりの力と自信がつきました。

現在の職はまだ教師の仕事とは直接関係がありませんが、英語の勉強会などにも積極的に参加し、自分でもいずれ英語教室を運営するなどしていきたいと考えています。


英語のディベートやプレゼンテーションの勉強会などありましたら、是非誘ってください。


また、仕事が落ち着きましたら、英語の勉強に関する内容をこのブログに綴っていきたいと思います。

※アルクも児童英語講師用のよい教材を出版しています。自分の子供に英語を教えたいお母さんにとってもとてもよいと思います。

※チャンツやフォニックスなどの教材は是非よいものを選んであげてください。
小学校英語 はじめてセット

アルク
売り上げランキング: 1,030,145

0 件のコメント: