2013年12月30日月曜日

今年ハッピーを生んだ行動ベスト5


 
2013年もはや過ぎようとしています。




ゆるクリ2013@柳ケ瀬商店街で激写したオカザえもん



今年は大きな決断をして、(職場)環境が劇的に変わりました。ここ10年くらいで一番充実した年になったので、どんなアクションをとったか(行動・習慣の変化も含む)をランキングでまとめてみました!

 

5位 読書よりも行動に重きを置いたこと

今年は、例年ほど読書をしませんでした。夏頃に風邪をこじらせてから、夜の10時には寝るようになったからです(それまでは、1時2時ころまで起きていました)。自分にとっては、時間を取って本を読むことは、プラオリティが低くなりました。その代わり、英語教授法の習得と、英会話の技術には時間をかけたのでスキルアップできました。

 

4位 新しい職場で働き始めたこと

16年間働いた職場は、時短など、多様な働き方を受け入れられない職場でしたので、
未来につながる職場で働くことにしました。

自分にとって、成長を感じられる環境、裁量が大きいポジションを積極的に選んだことで、モチベーションが高くなりました。

 
同じくゆるクリで奇跡的に遭遇したふなっしー♡


3位 職業訓練校に通ったこと

退職後、「子ども英語講師養成科」の職業訓練に通いました。1日6時間、3ケ月の英語漬けの生活で、英会話力に相当自信がつきました。英語講師のためのスキルも身につきました。久々の学生生活で、ビジネスを遠くから俯瞰して見つめることが出来、新しい視点が生まれたのも良かったです。

 

 

2位 睡眠時間を9時間にしたこと

夏頃、家事や育児を終えて、夜中まで学校の宿題をやっていたら風邪をこじらせてしまい、ひどい気管支炎になりました。健康の大切さが身にしみて、夜10時には寝るようにしたら、体の調子がすこぶる良くなったので、続けています。毎朝爽快で仕事もはかどるのでいいことづくめです。視力の低下や腰痛も防ぐことができています。

 

 

1位 ワークライフバランスをしっかりとれたこと

単なる仕事と生活という意味でなく、自分の人生で大切にしたいことをシンプルに実行することに集中しました。選択と集中は、大胆に実行すると効果が生むことが分かりました。

自分がしたいことにエネルギーを注いでいると、すべきこともスムーズにこなせるようになりました。

 
私が次に来ると思うゆるキャラ「さらまん君」なんとオオサンショウウオ。渋すぎ。


来年は、もうちょっと行動範囲を広げたり、英語の勉強会にも積極的に参加したいです。

次回は、「2013年・今年読んで役に立った本ベスト5」をご紹介します!

 

0 件のコメント: