2013年1月22日火曜日

【おすすめ本】『思考の「型」を身につけよう』飯田泰之著



私は、数学がとにかく苦手で、高校時代も夏休みに補習に呼び出されていたくらいです(呼び出されたのはクラスで3人だけ・苦笑・・・)。

 

たぶん、複雑な事象を頭の中で整理するのが苦手なんです。

 

日常生活でも、思考が迷子になることがあります。

 

そんな私でも、経済学って面白い!と思えた本をご紹介します。
 
思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント (朝日新書)
飯田泰之
朝日新聞出版 (2012-12-13)
売り上げランキング: 1,988


 

経済学者飯田泰之さんの、『思考の「型」を身につけよう』です。

 

一言でまとめると、

 

経済学の思考の「型」を身につけて、ビジネスでも人生でも最適な判断を下そう、というもの。

 

例えば、「需要がどこに向かっているか」という問題は、ビジネスを行う上で避けて通れません。

 

そこで、

・経済をMECEに分類する市場の分類方法

・取引には相手があり、必ず二面性があること

 

を考え併せることによって、供給過多(売れないよー)になっている部門の需要(消費者のニーズ)がどこに向かっているのかを市場で発見しやすくなる、という思考法が紹介されています。

 

単純な例だと、アルコールの売れ行きが居酒屋では不振でも、家飲みの回数が増えているから、スーパーで安価な第3ビールが売れている、など

「何かが売れていない」のを手掛かりに、「その代わりに何のニーズが増えたのか」を探りやすくする考え方と似ているなあ、と思いました。


取引の二面性の話などは、経済を飛び越えて

「得をしたと思うときは、必ず何かを失っている」      

という人生訓にまでなりそうで、世の中を見る目までがらりと変わりました。
   

   

 経済って漢字だけ見ると敬遠しがちですが、つじつまが合う場面を発見できると、スカッとするんだなあ、と実感できました。

 
 ところで最近、専門家やオピニオンリーダーの年齢を知ると驚くのですが、飯田さんも1975年と自分と同世代の方です。


 


一見難しい内容でも、自分と同じ年頃の人や年下の人の解説だと、例え話が共感できるものが多く、「ちょっと説明を聞いて(読んで)みようかな」と思えます。


 


私と同じく数学が大の苦手でも、経済的思考や合理的判断に興味がある人にオススメ。


 


★著者の方の情報


 


ニコニコ動画「デキビジ」で、飯田先生のゲストトークが聴けます。


ざっくばらんな経済の話で面白いです。↓




 


著者の飯田さんのブログでも、『思考の「型」を身につけよう』が紹介されています。




 


Wikipediaによると、院生時代に予備校の公務員対策講座の経済学の講師をされていたそうです。解説がわかりやすいのももっともです。


飯田さんの本で次に読んでみたい本は、 この3つです。


 
飯田のミクロ 新しい経済学の教科書1 (光文社新書)
飯田 泰之
光文社 (2012-10-17)
売り上げランキング: 5,553
世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで
飯田 泰之
エンターブレイン
売り上げランキング: 49,422
ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)
飯田 泰之
筑摩書房
売り上げランキング: 34,561


 



 



思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント (朝日新書)
飯田泰之
朝日新聞出版 (2012-12-13)
売り上げランキング: 1,988

2013年1月20日日曜日

一味違う情報に接してみる


最近、ニコニコ放送の「ゲキBiz田原チャンネル」をタイムシフト予約をしておいて休みの日に見たりしています。
 


 

私がこの番組を気に行っているのは、ズバリ、

 

自由度とオリジナル度が共に高いからです

 

例えば、

Web放送では、何事にも縛られない自由な発言が多く、貴重な情報が多い。

TVでは聴けない若手の論客の考えが面白い。

・テーマが堅くても、くだけた雰囲気なので、気楽に視聴できる。

・タイムシフト予約で好きな時間に無料で見られる。

 

と、ありきたりのTV番組で満足できない人にはメリットが沢山。

 

最近では、年末の勝間和代さんと伊賀泰代さんの生対談が面白かったです。

勝間さんも伊賀さんも、本を読むだけでは伝わってこない、細かなニュアンスや想いまでオープンにされますので、読者の方は2倍楽しめます。



        (現代ビジネスHPのニコニコ生放送の告知より)
 

  伊賀さんは自然体で話されているのに、話の整理の仕方が抜群でした。





シリーズもので面白いのは、『饒舌大陸』というパロディー名が冴える番組。


         (現代ビジネスHPのニコニコ生放送の告知より)



経済学者の飯田泰之さんと人材コンサルタントの常見陽平さんがゲストと

キレ味鋭いトークを繰り広げます。


ビールやおつまみも入って、本音が出まくります。

 

経済学者の飯田さんは1975年生まれ、常見さんは1974年生まれで、私と同世代。

時代感覚が似ているからか、親近感を持って話を聞けるのも楽しいです。

 
   
 ネット放送でオピニオンリーダーの方たちの素顔や考え方を知って、

 本を買うときの参考にするのもいいかもしれません。

  

2013年1月16日水曜日

予定を立てるときに必要なもの


 
私は、予定には主に4つの種類があると思っています。

 

  強制的な予定

  ありきたりの予定

  オリジナルの予定

  いきあたりばったりの予定

 

  は、健康診断とかゴミの日とか、納期など、自分では動かしようのない、半ば公の予定。

  は、クリスマスにケーキを買って食べるとか、節分に恵方巻きを食べるとか、別に誰からも強制されてないけど、習慣や伝統、マニュアルどおりに行う予定です。

  は、自分のアイデアや趣味や趣向に基づいた予定です。例えば、サプライズパーティーを開いたり、旅先でマニアックな場所を訪れたり、あまり知られていないレストランに行ったりすること。

  は、例えば「大阪に行く」とだけ決めて、行ったところで気が向くままに歩いたり、ぶらりと店に入ったりすることです。

 

10代(はるーか昔)の頃は、私は④が大好きでした。

例えば、デートでも、いかにもありがちな予定を立てたようなのは苦手で(マクドナルド→遊園地→ファミレスなどww)、電車に乗って、面白そうな駅で降りてぶらぶら歩くとか、とりあえず地図だけ持って行って、その場で開いたページの美術館や神社に行くという方が気楽でワクワクしました。

 

でも、社会人になってからは、「いきあたりばったり」は時間がたっぷりある時だけ通用するものだということに気付いたのです。なぜなら、時間が短いと、結局どこにも行けずに終わってしまうからですw

 

今では、旅行友達の影響で、完全に③派になりました。

 
彼女と一緒に旅行に行くことになると、旅行会社にもプランニングできないようなオリジナルというかマニアックな予定を立てることになります。誰にも真似のできない旅プランを作るので、行く前から、楽しくてしょうがありません。ハラハラわくわくしどおしです。

 

香水をつくる村を訪ねて、世界に一つだけのオリジナル香水をつくったり、小さな町で一番おいしいケーキ屋さんでマカロンを全種類(30個くらい?)買って公園で食べたり。

 

今でもそのシーンをはっきりと思いだす事ができるほど、鮮烈な旅になりました。

 

オリジナルな予定を立てるには、徹底した下調べ(ネットを駆使しまくります。)と、アイデアが欠かせません。

 

 

下調べの基礎になるのは、ストックした情報(普段から、興味のあることについては、小さな情報に至るまでアンテナをはって集めておきます)です。

 

アイデア出しには、マインドマップがおすすめ。

 

例えば、下の写真のようにインド旅行のマインドマップを「オリジナル」にこだわって描いてみます。



タージマハルとか、ガンジス川とかメジャー(いかにもありがち)な言葉を書かないのがコツのように思います

 

 

 
 
※Indus Prideっていう、魅惑のスパイスが入ったビールを現地でのんでみたいのだ!
シトラス系のコリアンダーとかカルダモンはカレーに合いそう!!!!
                     (SABMillerホームページより)


 

 

かくして、③の予定は、プランニングの段階でも、実行中も、思い出としても3度美味しいので、





できるだけ、③中心の生活を送りたいなあ、と思っている次第です。

 

 

 

 

2013年1月10日木曜日

マイペースをみつけよう!

花を生けるとか、好きなことをしているときに最適ペースがつかめます。

  

最近、自分にとってここちいいペースを大事にすることが大切だと思うようになりました。

 

少々せっかちな性格のBUSHIDOUは、なんでも速くやるのがいい(というか、速くやらないと仕事がたまって気持ち悪いし、人を待たせるのが苦手)という感覚を持って仕事をして来ました。

 

新人の頃は、上司に「迅速はいいけど、拙速はいかん。」と注意されたくらいで、仕事のスピードは(中身はともかく)超速な部類です。

そして、「あの人に頼めば、すぐやってくれる」という印象を持たれてしまったおかげで、あんまり重要でない仕事や、私用のおつかいなども頼まれる便利屋さんのような10年余りをすごしてきました。

私自身も、ずっと「誰よりも速く処理する」ということに意義を感じて来たのです。

 

しかし、昨年、育児休暇を6ケ月とり、生まれて初めて専業主婦生活を体験した時に、「なんでも速くやる」ことに違和感を感じるようになりました。

 

「あれもこれも、そんなに速くする必要はあるのかな。」

「急いだことで失ってきたものもあるのかも。」

 

すべてにおいてスピード勝負で処理すると、頭も体力も無駄に消耗することがあります。常に力が入った状態だから。これをあと20年も続けるのは、正直しんどいな、と思ったんです。

 

そんな風に仕事生活を振り返りながら、休暇中は一番快適なペースで本を読んだり、ネットで気になる情報を取っていました。

 

すると、自然に自分にとって本当に重要な関心事だけに集中できるようになり、かえって情報収集効率がアップしました。

 

意識も行動も本当に重要なことだけに集中できると、直感がさえるし、アイデアも湧いてきます。

 

育児休暇から復帰した後、もう、私は急がなくなりました。

 

 

何にも踊らされない「自分らしいペース」というものが確実にあります。

 

インプットとアウトプットが気持ちよくできるペースです。

 

そんなマイペースを発見して常にそこに乗っていることで、エネルギーレベルも維持出来るし、生活そのものを楽しめるようになってきました。

 

ようやく、自分らしい人生が始まったような気がしています。

 

 

2013年の私の心得は、「急がないこと。」

 

今まで見逃していたことに気付いて、好きなことや大切なことをじっくり考えて自分らしく生きていきたいな、と思っています。

 

今年もよろしくお願いします。

100個入り段ボール。何カ月持つかなあ。
 

※トイレットペーパーがない!と急いで買いに行く回数を減らすために、トイレットペーパーなんと100個をアマゾンで買ってみました(自宅用)w。

 

意外と押し入れの場所もとらず、気持ちに余裕も生まれて快適ー!