2013年11月25日月曜日

『爆速経営』を読んで、新時代のリーダシップを知る

爆速経営―新生ヤフーの500日


☆ヤフーを生まれ変わらせたのは何なのか?

 

「スピード経営」なんて言う言葉を使うのが恥ずかしくなるほどの時代になってしまいました。

 

じゃあ、超速経営?それもありきたりに聞こえてしまうほど。

 

「爆速」という、全く新しい速さを実現している会社、ヤフーの物語を読みました。

大企業となり保守化してしまっていたIT企業が、何を使って組織を変化させたのか。

まず、「言葉」だというのがその答えです。

 

小規模の会社の場合、社員は、リーダーの発言を日常的によく聞いています。ちょっとした言葉の端々からこぼれる価値観、考え方から、何をすべきで会社をどうしたいのかまでダイレクトに伝わります。リーダーの言葉に共感すれば、社員のモチベーションは上がるし、失望すれば仕事に対する情熱も消えてしまいます。

 

大企業のトップの場合は、社員全員と話をすることは不可能であり、メッセージを浸透させるには、工夫が必要です。また、それ以前に、何のためのメッセージなのかが考え抜かれていなくてはなりません。

 

「爆速」

 

という言葉をこだわって使った宮坂新社長により、ヤフーの組織的改革は成功しました。

誰にとっても、わかりやすく、具体的にイメージできる言葉です。

リーダーの第一の役目は、「社員全員にとって今自分は何をすればいいのかが良く分かるメッセージ」を端的に表す、ことだということがわかります。

 

「爆速」を実現するには、時代を先読みする感度を極限まで高めなければなりません。

そのための人材登用の的確さも本書に描かれています。

 

☆会議より会話

 

また、組織は人で成り立っているということは、誰しもわかっていることですが、人材登用や採用に成功し、多くの社員のモチベーションを高く保ち続けている会社は意外と少ないものです。

 

本書では、ヤフーが、会議よりも社員同士が会話をすることに重点がおいていることにも触れています。イノベーションを起こすには、インプットの量が多くて色々なことを知っているもの同士が、「会話」をすることで新しい物事のつながり(新結合)を発見することが重要だとリーダーが考えているからです。

 

古い体質の日本型企業に勤めている多くの人達にとって、本書に書かれるノンフィクションのストーリーの数々は夢のような話に聞こえるでしょう。

しかし、自分がリーダーになったら、少しでも真似してみたいと思うアイデアがたくさん見つかるはずです。

 

それを実行に移せないとしたら、何が原因でしょう。

 

会社内での保身を考えているから、あるいは自分に自信がないからではないでしょうか。

 

宮坂社長が社内の講演などでよくつかわれる言葉があります。

 

『脱皮できない蛇は死ぬ』

 

私は、最近この言葉を身にしみて感じています。

 

古いものにしがみついていると、人も組織も弱体化します。

 

新しい時代のリーダーシップの具体例が知りたいと思われる方には、是非おすすめしたい本です。

 

※本書は、レビュープラス様より献本いただきました。

 

 

 

 

爆速経営―新生ヤフーの500日

2013年11月3日日曜日

職業訓練校(子ども英語講師養成)に通った感想

11月1日より、フルタイムで働き始めました。


この3ケ月間は、職業訓練校に通っていました。


最初は、公共職業訓練って、時代遅れの古い知識をお年寄りの先生が教科書で教えているだけなんじゃないかというイメージがありました。

それが全く違いました。

短期間で徹底的に即戦力となる人材を育成するという信念が徹底的に貫かれていて、教材も情報も先生も最先端かつ一流だったというのが率直な感想です。


私は、英語の先生になりたいという夢がずっとあったため、幼児・小学生向けの英語講師養成講座に通いました。


327時間の授業の中では、日本語をひとことも話さずにすべて英語で模擬授業を行う訓練をしました。
外国人の受講生とも仲良くなり、一日の半分は英語を話す日々が3ケ月間続きました。


大学生の時よりも徹底して(教授法・児童心理・実習・英語力養成等)勉強したし、人前で英語を話し続けたので、かなりの力と自信がつきました。

現在の職はまだ教師の仕事とは直接関係がありませんが、英語の勉強会などにも積極的に参加し、自分でもいずれ英語教室を運営するなどしていきたいと考えています。


英語のディベートやプレゼンテーションの勉強会などありましたら、是非誘ってください。


また、仕事が落ち着きましたら、英語の勉強に関する内容をこのブログに綴っていきたいと思います。

※アルクも児童英語講師用のよい教材を出版しています。自分の子供に英語を教えたいお母さんにとってもとてもよいと思います。

※チャンツやフォニックスなどの教材は是非よいものを選んであげてください。
小学校英語 はじめてセット

アルク
売り上げランキング: 1,030,145

2013年11月2日土曜日

最新ビジネス書を読まなくても、大前研一氏の提言『挑戦』を読めば足りる。

挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉 (大前研一通信 特別保存版 PartVII)


 
☆強い味方本を見つけよう!

 

大前研一氏の最新提言をまとめた書籍、『挑戦~新たなる繁栄を切り開け!』を読みました。

 

私は、最新ビジネス書を多く読まなくても、大前研一氏の新刊を読めば、今必要な情報も未来予測も網羅されていると考えています

 

というのは、私自身が、ある現場の方から最新情報を直接耳にしたときに「なるほど!」と関心していたことがあっても、とっくの昔に(10年前・・)大前さんがその内容を自著で取り上げていたのを発見したことが何度もあったからです。大前氏は、タイムマシンでも持っているんじゃないかと疑うほどです。亡き父も同じようなことを言っていました。

 

本書『挑戦』は、答えのない時代に「何を学ぶべきか」という内容で、興奮しました。

 

☆アカデミック・スマートからストリート・スマートへ

 

私は、10月30日まで三か月の間、職業訓練校に通ってきました。

 

受講したのは、子ども英語講師養成コースで、毎日6時間授業を受け、模擬授業も何度もしました。先生から、表情や導入の方法など厳しいフィードバックもいただいて、ずいぶん磨かれました。頭も体もフルに使い、とにかく「食べていけるだろう」という自信がつきました。

 

逆にいえば、正直、自分が通った大学の文学部の授業ってなんだったのかな、という感想です。

 

高い学費、目的がよくわからない授業。アカデミックすぎて、生活にどう関係があるのかが良く見えなかった内容・・・

 

あの4年間、ずいぶん無駄にしたものです。

 

そんな折、本書の内容には強い共感を覚えました。

 

本書で、大前氏は、この混沌の時代に求められるのは、学校の成績がいいアカデミック・スマートでなく、現実の中で自ら考え、答えのない問いに自分なりの答えを見つけ出していくストリート・スマートであると述べています。

 

以下は、本書のテーマの中でも最も刺激を受けた内容です。

 

・語学で一番重要なことは何か

・社会人のための大学・大学院とはどうあるべきか

・世界で通用するための2つの力

・新興国対策

・エネルギー問題の解決法

・政治の問題点

 

こういったスケールが大きい話は、日々のルーティーン仕事をしているだけの生活では考える時間もないかもしれません。

 

しかし、思考が狭く、情報量も少ないままでは、会社組織にいいように使われるだけのロボットになってしまいます。

 

また、いい年をして、世間の動向も知らずに偉そうなことを言っていると、若者から完全にバカにされます。
 

自分自身を守るサバイバル能力を身につけ、尊敬できる人達と協力し合いながらよい仕事を一緒にしていくには、やはり思考力や情報力は常に磨いておきたいと考えています。

 

そんなとき、大前研一氏の提言は、一番の味方なのです。

 

 

※本書は、レビュープラス様より献本いただきました。

挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉 (大前研一通信 特別保存版 PartVII)