2014年4月2日水曜日

無印良品月間なので、色々買いました。

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?
江上 隆夫
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 2,362


 
 
 
消費税が8%になってもほとんどの商品の税込み価格が変わらない無印良品。

ありがたいですね。

 

4月2日現在、無印良品月間で10パーセントオフでお買い物ができることもあり、早速いつもの商品を買いだめしました。

※無印良品ネットストア 
http://www.muji.net/

私がよく使っているのは、化粧品です。

品質が良く、低価格です。眉毛を描くためのアイブロウとブラシが一体になった商品なんて秀逸。取り替えレフィルも販売されていて、ゴミが少なくなり、環境に優しいのも嬉しいです。

 

そのほかには、旅行用やカジュアルなお出かけのためのバッグは無印で買っています。

丈夫で、どんな服装にも合うからです。

ナイロン製のたためるボストンバッグなんてもう5年以上毎週使っているのに新品みたいにきれいです。

 

あと、人気なのがカレーのレトルト。300円前後とちょっとお高めなのですが、おいしくてリピータが多いことでも知られています。

 

私の友人は、ストッキングは絶対無印!!と主張しています。とにかく丈夫で破れない、と何度聞かされたことか(笑)。

 

無印良品の品質の高さ、どこにおいても邪魔にならないデザイン、費用対効果の満足度の高さは本当にすばらしい。

 

そして、お店の空間や店員さんにも品の良さを感じます。

 

どのような方達が「無印良品」を作り出しているのでしょう。いい仕事をされていますよね。

 

丁寧なコンセプト作りや、商品へのこだわりなどなど、ファンの方は是非もっと無印のことを知ってみて下さい。自分の仕事にも必ず役立つはずです。

 

また、経営コンサル的に、無印良品を分析したい方には、本書の情報量やアプローチは役立ちます。

 

私が共感したのは、企業にとって、ハード・ソフトであれ、サービスであれ、その商品がもたらす「体験の質」が問われる時代になっているということです。

 

体験の質の良さって感動をもたらしますよね。

 

わー!いいなあ!という感動があること、それが企業にも顧客にも一番大切な気がします。

 

 

 

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?
江上 隆夫
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 2,362

0 件のコメント: