2014年5月26日月曜日

【旅の達人!】朝活ネットワーク名古屋で田村耕一さんの旅のTipsを聴いてきました!

インドの冷蔵庫には、日本の冷蔵庫にない2つの機能が!

☆若者よ!旅に出よう※旅好きの方にオススメの本です。
高城剛 サバイバル地球旅行術 (アドベンチャーブックス)
株式会社メディアタブレット (2013-06-13)
売り上げランキング: 2,823
モノを捨てよ世界へ出よう
高城 剛
宝島社
売り上げランキング: 20,218
 
朝7時から名駅のコワーキングスペース『MY CAFE』で行われた朝活で、講師:田村耕一さんの回に参加してきました!

 
ライフハック仲間から「永遠の少年」と呼ばれ、今やあのハイパーメディアクリエイター高城剛氏に並ぶ「旅の達人かつノマドワーカー」となられたハイパーオープンソフトウェア・エバンジェリストの田村耕一さん。
長年大手電気メーカーに勤務され、卒業後にはこれまで以上のペースで海外旅行に出かけられています。

 

Facebookを拝見していても、昨日はここにいたのに、えっ!今日はここに!!!驚くほどの行動範囲の広さで、「どこでもドア」の存在を疑ってしまうほどです(笑)。時には海外で美女と一緒に撮影した写真もあり(!)まさに全男性憧れの生き方を体現されています。

 

そんな田村さんが、「個人旅行のすすめ」というタイトルで講演されると知り、早速申し込んだところ、あっという間に定員に達していました。

 

プレゼンでは、田村さんの美声を聴きながら美しい写真の数々を見ることができ、旅の裏ワザも全部メモするほど充実した濃い情報ばかりでした。

 
様々な国に個人旅行をされてきた田村さん

用意されていたKeynoteの資料がアップデートで様式が変わってしまったそうで、パワーポイントでの提示でしたが、とにかく写真の色のビビッドさが印象的でした。田村さんの好奇心アンテナを刺激した現地の市場のスッポンなど、インパクトがある映像に次々と目を奪われていきました。

 

iPadを操りながら画面上で写真のキューブが回転する見せ方は田村さんらしく、技術者としての田村さんの腕も垣間見ることができました。

 

面白かったのは、インド向けの冷蔵庫の話。日本の冷蔵庫にはないある2つのものを付けないと売れないそうです。そういった開発者ならではの視点の持ち方があり、現地を見ることで世界に向けた商品開発のアイデアや想像力が養われるそうです。
 
田村さんは特に、今後の技術開発を担う若い人たちに、是非海外の生活を自分の目で見てもらいたいと願っているということです。

 

旅行計画のTipsとしては、お役立ちサイトの情報や、Googleマップがオフラインで使えて位置情報もわかるというワザ、知り合いと食事だけ一緒にするなど、現地集合現地解散の新しい旅スタイルの提案がありました。個人旅行で養われた動物的危険察知能力や偽警官のエピソードなど、磨かれた勘のお話も面白かったです。

 

最後には、旅ライターの方が発行する興味深い冊子をいただきました。

 

田村さん、すばらしい朝の時間をありがとうございました。田村さんのTipsを駆使して今すぐにでも旅に出たくなりましたが、子どもが小学生になるまではちょっとおあずけ状態です。。。

 

朝活ネットワーク名古屋の情報 http://asanagoya.jimdo.com/

トラベルライターかさこさんの情報 http://www.kasako.com/

 
  


社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
ちきりん
大和書房
売り上げランキング: 54,605

0 件のコメント: