2014年6月2日月曜日

名古屋ライフハック研究会vol.27で先延ばしマインドを解消してきました!その①



正統派ライフハッカーが集まる名古屋ライフハック研究会。

6年目を迎えて、スタッフさん達のアイデア・工夫が随所に感じられる、円熟味のある会へと成長しています。

 

今回6月1日(日)はvol.27「先延ばし癖にサヨナラしよう!すぐやる人になるタスク術」。講師のkomatsunaさんが、プロジェクトをタスクに落とし込む方法を徹底的にガイドされました。

 
うっちーさんのお土産ながもちがお預け状態。甘い物が欲しくなるワークににんじんをぶら下げられて。

カールおじさんのような髭をたくわえた若きサイエンティスト・komatsunaさんは、包容力と安心感のあるお人柄で、骨のあるワークショップを見事に運営されました。

 

そもそも、今回のテーマは、ぐるぐるkakobonさんが、komatsunaさんに「プロジェクトとタスク」の違いを指南したのがきっかけで生まれたものでした。

 

今回のワークを通じて私なりに理解したのは、

 

  物理的に行動可能なレベルまで具体化したものがタスクである。次に何をすればよいかをはっきり映像としてイメージできるまでに落とし込む作業によって「すぐ」できるようになる

 

  計画(タスク化)の時間は、一度きりの人生を有意義に過ごすための必要不可欠なコストである。1日最低でも1時間はとろう。

 

という2点です。

 

タスク化のためのナチュラルプランニング用ワークシートも役立ちました。これをもとに自分なりの「重要だけど緊急ではない」事項に着手する準備が整いました。

 

そのほかにも、私が先送りしているのは、大掃除とか、段ボールの片付けとか、取扱説明書のスキャンとか、防災備品の管理など、家の中のことがあります。

 
ゴールがはっきりした構成には抜群の安心感がありました。

私は、1日10分だけ(夕方6時から6時10分)

「段ボールをくくる」「キッチンの床を磨く」「取扱説明書をスキャンする」などのタスクをすることにしました。

 

なんだか、やることがはっきりすると、めんどうなことが楽しくなってくるから不思議です(笑)。ほいほい片付きそうなイメージがつくからでしょうか

 

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか
ピアーズ・スティール
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 172,991


さてさて、名古屋ライフハック研究会の名物、5分間スピーチ、ライトニングトークスでは、あっと驚くニュースあり、キラリと光るニュースターが誕生したり、今回もとても面白かったので、その②でご紹介しますね!

 

0 件のコメント: