2014年3月28日金曜日

ウィリアム・リード氏から世界最高のプレゼン術を学べる本

世界最高のプレゼン術 World Class Speaking (角川書店単行本)

 

書店に行くと、プレゼンの本って増えていますよね。

NHK『スーパープレゼンテーション』の番組も人気でしたし、多くの人は、

「すばらしいプレゼンができること」に大きな価値を見いだしているようです。

 

 

プレゼンの目標は、聞き手にある行動をとってもらうことです。

うまく話をしたり、かっこいいスライドを流して「おっ!かっこいい!」といってもらうことではありません。プレゼンと単なる「発表」「アナウンス」は異なるのです。

 

では、聞き手は、どのようなときに行動に移すのでしょうか。

私は、次の条件が満たされたときに、聴衆はプレゼンで聞いたことを自然に行動に移していくのではないかと思います。

 

  その行動をとると、自分の人生や環境にいいことがある

  簡単に実行できる

  モチベーションが維持できる

 

たとえば、健康に関するテーマの提案であれば、かなりの人がすぐに実行すると思います。

 

歯の正しい磨き方、

腰痛の取り方

生活習慣病を防ぐ方法などなど・・・

 

健康は全ての人にとっての願いですよね。

 

しかし、仕事で求められるプレゼンテーションは、だれもが賛同する提案をするわけではなく、「反対派」や「どっちつかず」の人を「説得」しなければなりません。

 

最初から聞く気のない、やる気のない人の心にどう入っていくか、その具体的な方法が本書には書かれています。

著者は、プロのプレゼンテーション指導者、ウィリアム・リードさん。経歴も面白く、NHK WORLDのリポーターもされています。また、マインドマップの本も出されているのも気になります。
記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術



 

タフ・プレゼンター、最強会社員を目指す方におすすめです!

 

 

 ※レビュープラス様より献本いただきました。

 

 

世界最高のプレゼン術 World Class Speaking (角川書店単行本)

2014年3月27日木曜日

【20代の若手社員におすすめの本】自分目線を捨てて、お客様目線、経営者目線を追求してみよう

「もったいない人」が人生を変える3つの法則

『もったいない人が人生を変える3つの法則』は、
 
お客様目線、経営者・上司目線を追求できる本です。

 

私は、20代の頃、自分の目の前の仕事をこなすのに精一杯で、上司は毎日何を考えているのか、どのような情報を求めているのか、何を重視しているのか、ということを十分理解していませんでした。

 

また、お客様目線と言っても、失礼の無いように、とか親切で「迅速」かつ「安心」というレベルでしか付加価値を生み出せていなかったと思います。

 

30代に入った頃、ふと世の中のいろいろな人の仕事ぶりを十分観察していると、「この差はなんだ!!!」ということにたくさん出会いました。

 

たとえば、金融機関10社に対し、同じ手続きを申請するとします。

 

10社それぞれ、応対が全く違います。

案内の仕方、書類送付の迅速さ、書類の読みやすさ、用紙の書き味、書式のわかりやすさ

返信用封筒の糊・・・・

 

ありとあらゆる細かいところが行き届いてて、顧客が「完全ストレスフリー」かつ感動すら覚える金融機関と、やたらと労力がかかって疲れてしまう金融機関がありました。

 

私も感動レベルの仕事をしたいな、お互い気持ちがいいっていいなあ・・・。

 

そんな思いを強くしました。

 

全員が感動して気分が良い状態は究極の目標です。

 

でも、自分一人では、なかなか「自分の残念な点」に気づくのは難しい。

 

日々自分の仕事を意識をして改善したり、すばらしい仕事をしている人を習ったりして、コツコツよくしていくしかないんですよね。

 

そのためのヒントがつまった本です。

レビュープラス様より献本いただきました。

「もったいない人」が人生を変える3つの法則

2014年3月12日水曜日

【本の感想】あなたは決意を新たにするか、変えるか?『大資産家になるためのアジア副業マニュアル』澤木恒則著

大資産家になるためのアジア副業マニュアル 100万円から実現できる人生改革 (PHPビジネス新書)


私は、「大資産家」とか「成功者」といったフレーズのタイトルの本にはあまり惹かれることがありませんでした。

どちらかというと保守的な性格だからです。


今回、レビュープラス様より本書を献本いただいて、「アジア副業」も文字も気になったこともあり、食わず嫌いの本を一読してみることにしました。


本書の著者の澤木恒則さんは大前研一さんの弟子でもあるため、大前メソッドを実践している人の考え方がわかる本と言ってもよいです。


もし、大前研一さんの著書を読んだことがなくても、ビジネスパーソンならこの名言はどこかで目にしたことがあるはずです。

人間が変わる方法は3つしかない。

1. 時間配分を変える。
2. 住む場所を変える。
3. つきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

私の場合、時間配分、住む場所、つきあう人は自分の意思とは関係なく変わってきました。なんだか流されている人生のようで「自分で選択して変えてないな」と言うのが率直な思いです。

本書の著者、澤木さんは、「アジアでの副業」を成功させるためにダイナミックに3つの要素を選び、変えています。


せっかく、インターネットや新興国の台頭の時代に、すばらしい国日本に生まれたのですから、選択肢には恵まれているはずです。にもかかわらず、はじめから自分で制限するような生き方を選んでしまうと、自分の可能性を最小にしてしまうような気さえします。


40代を迎える団塊ジュニア世代の私たちは、第二次ベビーブームで人口も多く、働き盛りで、国の経済を担っていると言っても過言ではありませんが、思考が守りに入りがちな世代です。


しかし、ふと見渡してみると、新たなビジネスチャンスがあるアジア諸国に仕事を見いだしたり、海外に住居を構えたりしている知人はいませんか。

私は数人思い当たります。

彼らがどのように市場を見いだし、どのような強みで競争優位となり、どのような経営感覚を持って現地に出向いているのか、想像しながら読みました。
すると、どうしてその国を選んだんだろう、そんな疑問がわいてきます。

著者は、海外旅行に行った際、その国の街にまぎれてフィーリングを確かめるそうです。「好きな国」に住居をかまえ、「好きな仕事」をするというとても素直でシンプルな選択の仕方にも好感が持てました。

アジアの今、を知ることもでき、海外に住むこと、人生の選択についてなど、普段考えないことを大きな視野で考えさせてもらえる良書でした。
大資産家になるためのアジア副業マニュアル 100万円から実現できる人生改革 (PHPビジネス新書)

2014年3月11日火曜日

【おすすめ本】経理のストレスが減る方法!『世界一ラクにできる確定申告』

世界一ラクにできる確定申告 ~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!


 
 

個人事業主の方にとって、確定申告の時期は少し憂鬱だと思います。

経理のストレスを極力省きたいと思いませんか?

 

しくみを変えてみよう

 

本書は、経理担当の方(おそらく専従者か奥さん)が読んで、事業主に「今年から経理の仕組み変えるわよ!!」と改善しまくるのに役立つ本です。事業主は本業で忙しく、日々の細かい経理のやり方まで理解していないと思いますから。

 

まず、すぐできることとして、本書の中から以下の5つをピックアップしてみました。

 

  預金通帳は、3冊持つこと(プライベート用 事業入金用 事業出金用)

  おすすめの銀行口座振込手数料が一番安い銀行

  クレジットカードは、プライベート、事業用の2枚持つ

  領収書はノリで貼るのではなく、1ケ月ごとに袋に入れよう

  売上げの請求書は1ケ所にまとめる。

 

事業用の通帳を入金用と出金用にわけるのは目から鱗でした。こうすれば、肌感覚で売り上げと経費がわかりますよね。

 

★今注目のクラウド会計を徹底解説!

 

経理の作業を自動化してくれるクラウド会計ソフト『freee』が話題になっています。

筆者は、決算書作成までの作業が、freeeのおかげで50倍くらい速くなったそうです。

1月の上旬には会計が終わってしまっていそうですよね。

 

特徴としては、

・クレジットカードの明細を自動同期で取り込める

・銀行のネットバンクを自動で取り込める

・交通系ICカードの自動読み込みが出来る

・家事按分も自動化してくれる

・勘定を予想してくれる

Macユーザーでも使える

・事業分析までしてくれる(グラフなど)

freeeの料金体系は無料バージョンもあります。本格的に使いたい人は、個人なら月額980円だそうです。

 

クラウド会計を使おうか迷っている方、

これまでの経理の方法を効率化させたい方、週末起業をされている方、初歩的なバイブルとして、一読してみて下さい。

 

私は、データを取り込むのはちょっとこわいかな、と思っていますが、経理のしくみを効率化させるのに役に立ちました。

 

 レビュープラス様より献本頂きました。

 

 

 

世界一ラクにできる確定申告 ~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!

2014年3月3日月曜日

名古屋ライフハック研究会5周年(vol.26)に参加してきました!

スナフキンが可愛い。素敵な看板~!

名古屋ライフハック研究会が5周年を迎えました。おめでとうございます!

記念すべき第26回目は、ライフハック界きってのイケダン(いけてる旦那さま)、しんりんさんがファシリテートするワークが行われました(女子率3割超!)。

真剣に語るしんりんさん。かっこいい!


今回のワークでは、「自分が本当にやりたいことを、過去の出来事や自分の価値観から洗い出す」だけでなく、実行に移すためのタスク管理のシェアもしました。


シェアの時間も有益でした。実現に限りなく近づくための、タスク化(具体的に自分がそれを行なっていることをイメージできるようにする)や、スケジュール管理の手帳、アプリなどを紹介し合いました。


私のお隣の席だったキュートなKさんは、デジタルもアナログも場面場面で使いこなされ、素敵な「じぶん手帳」を紹介されていました。

懇親会でも、ライフハック研究会で手帳術、ノート術の情報交換ができたら楽しいね、と盛り上がりましたよ!

多彩なアイデアがありそうなので、ワールドカフェのようにグループ替えをしてより多くのシェアをしても面白そうです。



☆しんりんさんのワークが冴え渡る一日
2月に2件の海外出張をこなされた中で、教材・機材の準備も。強靱な体力とタスク管理の賜です。


しんりんさん自作の「周りに流されず、自分が本当にやりたいことを見極めるため」のオリジナルシートはよくできていました。
最終的に自分の未来が絞り込まれてきて、スッキリしました。物事がシンプルになり、集中力が増す体験ができたと思います。

しんりんさんの強く、優しく温かいナビゲートのおかげで、皆さん安心して取り組まれていました。


しんりんさんが開発されたタスク管理ソフトcheck4lifeの仕組みやコンセプトも触れられ、ミッションを大切にされるポリシーや使いやすさへのこだわりに目を見張りました。



☆カコさんはLTテロリスト
発足の会の裏話は初耳なことばかり。


今回のLTでは、トップバッターつるはさんがライフハック研究会の原点を語られました。
ジーーんと余韻に浸っていたところ、真面目一直線のコマツナさんが爆笑をもたらす爆弾LTを投じられ、会場の温度が沸点に。

詳しく書きたいのですが、参加者のみのお楽しみということで。

一つだけ言えることは、爆弾の犯人はカコさん(ぐるぐるマインドマップでおなじみのkakobonさん)です‼︎
カコさんに操られたコマツナさんの誠実な語りに、お見合いおばさんしてみたくなりました(笑)。

女子のみなさん、次回は必ずコマツナさんとお友達になってから帰って下さいね(笑)。

クイズ:コマツナさんにとってのプロジェクトとは何でしょう?


そして、ライフハック研究会発足のストーリー、Lifehacking.jp管理人の堀 正岳(@mehori)さんからのお祝いのメッセージも披露され、厳粛かつ温かいムードになりました。


どこまでもスマートな堀さんからのメッセージの紹介。日曜夜の生放送「ライフハックLiveshow」のも面白いです。
ライフハック研究会5周年のこの年に、ぜひ堀さんをお招きしたい!というスタッフ&参加者の気持ちも強く、今後の告知に目が離せません!

私も堀正岳さんが「会いたい人リスト」トップ3に入っているので、念じ続けます!

さらに、心に届くブログ「Find the meaning of my life」
http://kazumoto.jp/
のkazumotoさんも名古屋ライフハック研究会に来て下さるかも!

興奮して眠れなくなりそうです!!!


次回開催は6月1日。

懇親会も、ライフハックなマニアックな話題で盛り上がったり、毎回初参加の方や初めてお話をする方と交流できて、本当に楽しいです。

初参加の方も、文具、家電、飲み、ガジェット、仕事、何かが好きというだけで十分なので、是非足を運んでみて下さいね。本当に自由で開放的な集まりです。