2014年10月27日月曜日

世界観が広がった!『トリリンガルフォトグラファーが語る中南米のリアル』に参加してきました!

★Itoujiさんの世界観を通してみる中南米のリアル!!!


Itoujiさんの感動のフォトを集めたサイト。是非是非ごらん下さい!
※Itoujiさんのフォトサイトhttp://www.uj-image.com/


3年間のメキシコ赴任を終えられ、帰国後も新プロジェクトで多忙を極められるItoujiさんの、中南米の旅を語るトークライブに行ってきました。

Itouji
さんはとても爽やかで、あのコウスケさんがライフハック研究会にナンパしたほど(笑)魅力的な男性です。


そして、科学的かつ人文的な広い視野を持たれています。
お仕事では、ダイナミックな仕組みを構築されている一方、語学力に優れ、自主勉強会を開催されたり、ほぼボランティアで現地の日本語講師を務められるなど、身を削って社会貢献もされる、日本男児の鏡です。


Itoujiさんのその溢れるようなエネルギーと、技術、感性、思慮深さが余すことなく発揮された本イベントは、アイデアフル&プレイフルな名プロデューサーnijinochichiさんの発案により、実現しました。nijinochichiさん、場作りの天才ですよね。


海外がキーワードで集った濃いメンバー

20名の参加者も、海外での起業経験のある方や辺境の地に行かれた方など、驚くほどディープな経験を持つ方ばかりで、これもnijinochichiさんの仕掛けの一つ。


Itoujiさんの南米での経験を咀嚼しつつ、それに関連した独自の体験(海外でのインターンシップ経験、遺跡めぐりのコツや美味しかった食事など)を語り合い、グループディスカッションも時間が足りなくなるほど。
京都や大阪からの参加者もおられ、もうこれは、泊りがけの合宿イベントにしてもいいくらい話題がつきませんでした。

それぞれのメキシコ感を広げられる工夫が随所に
さて、メキシコと聞いて皆さんは何をイメージされますか?

私は、お花の先生の影響でメキシコ民芸に興味があり、メキシコの吹きガラスやピューター、などをインテリアにしています。プリミティブな感じが好きなのです。

一番行きたいけど、2週間の余暇は欲しい行き先、それがメキシコです。

 当日受付には、さりげなく焼き物(セルビン焼き)の呼鈴がおかれていて、時折nijinochichiさんが無邪気にチリンチリンと鳴らしていたのですが(笑)、その品のある美しさにはずっと目を奪われっぱなしでした。
タラベラ焼きは一般的ですが、セルビン焼きというまだ新しい民芸品。ネットで色々検索してみました。わざわざ買いに行く価値がある価値があるほど美しい!


イベントの冒頭では、メキシコの概要紹介がありました。そして、メインはフォトグラファーItoujiさんの写真を見ながらの思い出トーク。

それまで写真に全く興味がなかったItoujiさんは、独学で一眼の撮影技術を磨かれたそうです。

ウユニ湖やグランドサークルなどの地球の神秘は、胸に迫り来る構図・発色だったり、街角の日常は、匂いやほこり、湿度まで伝わって来そうな風合いだったり、現地で感じた主題を最大限に生かす工夫が考え抜かれていました。

表現力が光る写真を見ながら、撮影スポットでの野宿や乗馬のエピソードを聞いていると、日常を忘れて、ストーリーの中に吸い込まれてしまいました。

また、リアルタイムでFacebookに綴った当時の出来事や感情を、スライド上でレトロスペクティブに見て行く試みは、現地の感覚がビビッドに蘇る感じがとても良かったです。


また、目的に応じたカメラの選び方やカメラのしくみ、画素数の理解の仕方など、子どもでも理解可能なほど比喩表現(にんじん畑!)がうまく、私のような素人でもすぐに理解できました。本当に凄いプレゼン能力です。

具体的な撮影スポットまで丁寧に解説されたスライド。数々の資料の完成度が素晴らしかった!
記録写真と表現写真の違いの話には、はっとさせられ、事実を写すよりも、そのとき自分が感じたテーマをメインに写す方が、「自分だけの」写真になるなあ、と感じ入りました。

次回はカメラ講座をやって欲しいという声が沢山あがっていましたよ!


圧倒的な行動力に裏打ちされたItoujiさんならではのライブ

今回のイベントの最大の魅力は、Itoujiさんの世界観、価値観を通して中南米の新発見ができたことです。
TVの海外ドキュメンタリーやバラエティにはない、同世代のビジネスマンが何を考え、何を感じたのかという直球の言葉が、「リアル」に迫って来ました。
そのなかからちょっとだけご紹介します。

 
多角的な視点から語られた中南米。侵略された過去、格差社会、労働意識、家族感など、盛り沢山。

・職場教育で「見て覚えてね」は通用しない。教えてもすぐに転職してしまう風土だと、教育のモチベーションを保つのに苦労しそうです。

・メキシコ人は意外と勤勉これはみなさん意外なようでした。

・国が信用できないので、家族で助け合う→Itoujiさんも言われたとおり、日本に置き換えたとき、家族の絆という意味で再考させられます。社会保障が充実している北欧などはどうなのかも気になります。

・格差が明確な社会でも、下層部に悲壮感がなく、人生を楽しむ術を身につけている富裕層と比較することが不幸の始まりで、自分たちの運命を受け入れる明るい心っていいな、と思いました。


勉強会に参加されている方の共通点として、「視野を広げたい」という熱意があげられます。

今回は遺跡好きな方、南米の風土・文化が好きな方、メキシコ経済、歴史に興味のある方、カンクンなどのリゾートに行きたい方、メキシコで働きたい方、大自然の撮影方法に興味がある方、すべてのニーズを満たしたいました。
さらに、新しい分野にも興味が発掘できる絶妙な構成となっており、完成されたスライドにもItoujiさんが準備に費やされた時間と労力の大きさを感じました。


懇親会などもろもろ雑記

・久々にお会いしたジェリーさんがパワーアップしていました。実はどこかのCEO(で、庶民のフリをしているの)かもと思われるほどの最新知識と洞察力。トークのキレ感がすごすぎます!
・ジョギング王子ヒデアキさんにも久々にお会いできて嬉しかったです。幸せ感と充実感がとっても伝わってきましたよ!
bravebotを自作されたみやさんから、ひとつドミノをいただくことができました。色使いが可愛く、フォルムも愛らしくて、癒されます。年末のライフハック研究会に参加すると、あなたもいただけるかも!
みやさん自作のBravebot。愛くるしい!何か話しかけたくなります。
・バリアフリーについて、再考するきっかけをもらいました。私も、意味のない段差やエレベーターの設計がひどい岐阜駅など、不親切だなあ、と思っています。まずはTwitterなどで呟いてみようと思います。


・コウスケさんがその場でFacebookグループを作って下さいました。行動力、即応力抜群。小学生の頃の渡航体験の話がミステリアスで、気になってしょうがありません(笑)。


・名古屋ライフハック研究会でも、一度、LTコーナーで「旅」というテーマを設けて、旅のTipsや写真、感じたことのシェアを集中的にできたら面白いよね。という話でktamuraさんと盛り上がりました!


nijinochichiさんが、受付や誘導を一人でされていて大変そうだったので、お手伝いできればよかったと反省しています。プライベートでここまで充実したイベントが開催可能なんて、本当に凄いことです。そして、バリアフリーかつむっちゃ美味しい豚しゃぶのお店をチョイスして下さったお心遣いに感謝!

 
刈谷駅前で便利!貸し切り状態でトークも盛り上がりました!久々に夕食をおなかいっぱい食べました。本当に美味しかった!


今回のイベントが発端となり、今後色々な形で展開していくはずです。それが今からとても楽しみです。

Itoujiさん、nijinochichiさん、地球規模の新しい感覚を沢山与えて下さって、本当にありがとうございました!